ワクチンで予防できる感染症

■猫ウイルス性鼻気管炎
猫ウイルス性鼻気管炎「猫風邪」。
感染した猫との接触、くしゃみや咳によって飛沫感染します。
症状は、くしゃみ・咳・鼻水・結膜炎・口内炎など。通常2~4日程度で治りますが、症状が重くなると40度以上の高熱を伴うこともあります。体力がない老猫・子猫の場合は気を付けましょう。

■猫カリシウイルス感染症
カリシウイルスが原因で発症する猫風邪の一つです。
猫ウイルス性鼻気管炎と混合感染することも多く見られます。
感染するとくしゃみ・咳・鼻水・発熱など風邪の症状が出ます。
症状が進行すると舌炎や口内炎ができ、肺炎を併発して死に至る危険性もあるため、風邪だからといって軽視してはいけません。
感染ルートは感染した猫との接触がほとんどです。ほかには空気感染や手、衣服、食器などから感染することもあります。

■猫白血病ウイルス感染症
オンコウイルスが原因で感染する猫白血病ウイルス感染症
ウイルス名に「白血病」と付いている通り、症状次第では白血病になることもありますが、多くは白血病を起こすまでには至りません。
しかし、免疫力を低下させるために腎臓疾患、腫瘍、流産、血液疾患、口内炎などさまざまな病気の原因になるため、気を付けたいウイルスです。
感染経路は、唾液にウイルスが多く含まれているのでほかの猫との喧嘩やグルーミング、食器の共有などから感染する場合が多いようです。

■猫クラミジア感染症
猫クラミジアという細菌とウイルスの中間にある微生物が病原体となって感染します。
感染した猫との接触が主な感染経路です。感染力が強く、一匹が感染すると、ほかの猫へも感染する可能性が高くなります。
人も猫の目ヤニや鼻水を触って目をこすったりすると結膜炎を起こす可能性があるので十分気を付けましょう。
目の炎症にはじまって、鼻水やくしゃみ、咳などが症状として表れます。重くなれば気管支炎や肺炎も併発し、死亡してしまうこともある病気です。


ワクチンで予防できない感染症

猫の病気にはワクチンで予防することができるものもありますが、残念ながら予防できない感染症もあります。

■猫エイズ(猫免疫不全ウイルス感染症)
猫エイズはエイズウイルス(FIV)によって感染します。感染経路は喧嘩による咬傷で、唾液中に含まれるウイルスが相手の傷を介して感染します。


その他の病気

■トキソプラズマ症
トキソプラズマに感染している小鳥やネズミ、ハエを食べることで発症する感染症です。
あまり感染例は多くありませんが、子猫や老猫など抵抗力が弱い猫は注意が必要です。
最悪の場合、死に至るケースもあります。
症状は咳、呼吸困難、下痢、発熱などで、リンパ節炎と網膜炎を併発することもあります。
ほかの病気で免疫力が低下していない限り無症状で一生を過ごします

■遺伝性骨形成異常症

 耳が折れていて真ん丸なお顔のスコティッシュフォールド・足の短いマンチカンに該当します。
スコティッシュは折れ耳同士の交配やマンチカンは短足同士の交配で高確率で発症します。
こちらでの交配は現在は禁止されていますのでほとんど無くなってきた病気です。

■FIP(猫伝染性腹膜炎)

突然変異したコロナウイルスが原因で発症します。
腹膜炎や腹炎を起こし、死亡率が非常に高い恐ろしい病気です。

■真菌症

カビによって感染する皮膚病です。主に高温多湿の環境だと発症しやすくなります。